HOME | Japanese | Profile and Publication List


Maple
Masanori Yamamoto

 

 

 

原著論文がACS Catalysis誌に受理されました(2022年1月24日)


 

 

20220124  丸岡啓二先生(京都大学)との共著論文がACS Catalysis誌に掲載されました。

 

 

 

 

Cover_Picture Cationic DABCO-Based Catalyst for Site-Selective CH Alkylation via Photoinduced Hydrogen-Atom Transfer
Akira Matsumoto, Masanori Yamamoto, and Keiji Maruoka
ACS Catalysis 2022, 12, 20452051
DOI: 10.1021/acscatal.1c05484

 

 

 

アミン系分子触媒と福住触媒を組み合わせた光有機反応(C-Hラジカル活性化反応)に関する研究成果です。

光誘起電子移動に引き続く多段階電子移動を最適化する分子触媒を見出しており、天然の光合成におけるチロシン残基を介した電子移動を彷彿させる結果となっております。本論文において、山本は主要実験結果の包括的物理化学解釈を担当しました。詳細は以下の解説記事をご覧ください。

 

 

 

 

 

関連記事
『光誘起電子移動 / Photoinduced electron transfer』

 

 

 

 

 

<< 戻る

 

 

 

 

 

公開日: 2022年1月24日

更新日: 2022年11月8日